桑の葉茶で健康に

サプリを持ち歩く

桑の葉茶は、健康に良いお茶として古くから飲まれています。天日干しにした桑の葉を煎じて飲むだけで、便秘や冷え性を解消することができるため、手軽さと効果の高さから人気があります。 また、桑の葉茶は手作りするのではなく、ドラッグストアやインターネットショップなどで購入することもできます。市販されているものは、桑の葉を乾燥させた上、発酵もしてある場合が多いです。そのため、飲むことでより高い効果を期待することができます。 平均的な価格は、100gあたり500円ほどです。小分けのティーバッグになっているものなら、1包が2〜3gで20包ほど入っていて、やはり500円ほどで販売されています。また、粉末状になっていて、お湯で溶かすだけで飲むことができるタイプのものは、30gで500円ほどとなっています。

桑の葉茶には、食物繊維とポリフェノールが多く含まれています。これらは、ダイエットに非常に有効な成分です。食物繊維は脂質の吸収を、ポリフェノールは糖質の吸収を、それぞれ防ぐことができるからです。肥満患者が桑の葉茶を飲んだところ、1ヶ月で2%ほど体重が減ったという報告もあるくらいです。そのため桑の葉茶は、ダイエットをしたい人や、脂質異常症や糖尿病に悩む人に、積極的に飲まれています。 さらに桑の葉茶には、肝機能を高める作用もあります。そのため肝機能が低下している人にはもちろん、二日酔いを予防したい人にも、よく飲まれています。 また、ビタミン類や鉄分も豊富に含まれているため、肌トラブルや貧血を防ぐために飲んでいる人も多いです。

関節ぐるぐるグルコサミン【オリヒロの魅力】